愛犬若葉の月命日に想う

23日、若葉の月命日。

この一カ月…一体どう過ごしてきたのか…記憶がない日があるくらい

悲しく辛い。

皆さん…家族…孫にまで支えられて過ごしてきました。

かわいい…愛しい…大切な…若葉。

あの子が目の前にいるとき、もちろん同じことを想い、かわいい…かわいい…と毎日言い続け、大切に大切に接して、離れたことがなかった。

旅立ってしまった後、更に若葉の大きさを知る。

でも、若葉に触れることができない…

そんな苦しみの中で、若葉といっしょに過ごしていくことを探し求め出した想いは、多くの動物と人が幸せになれる方法は…と考え行動していくことを決心。

生活のすべてにあの子がいた。

朝起きて、若葉と挨拶…抱っこ…食事も私のとなり…どこにいても若葉と私はいっしょだったため、抱っこして若葉の体重を乗せる私の左腕の行き場が、今はない。

今日、久しぶりにマックを車の中で食べた。

よくよく考えてみれば、若葉がいないのだから店内に入って食べることができるのに、我家は車内で食べるのが当たり前だったので、お嫁さんの運転だったけど、彼女も自然にドライブスルーを選んでいました。。

そして、膝にいつも若葉がいたから、私の食べるクセとして、肘を上げて若葉に手が当たらないように食べていた。

若葉がいないのに…私が食べる姿は、若葉が膝にいる前提の姿勢だった。

人がみると、とても変!

そんな小さなひとつひとつ…若葉が旅立った悲しみが襲う。

微笑んでいたいと思いながらも…いまだに涙が枯れることがなく、小さな…小さな出来事ひとつひとつに若葉がいる。

それでも、この苦しみ以上に幸せだったんだ…私

きっと若葉も同じように過ごしてくれていたんだと、思えている自分もいる。

そばにもいてくれている…それもわかっている。

私にとって、若葉はすべてと言えるほどの存在になっていて、身を切られる思い…自分の一部がなくなってしまったこの想いはどうしようもない。

月命日の今日、室内に虫が…

いつもは大騒ぎで探すのに…孫は「若葉が来てくれた…」と言った。

若葉が語ってくれていると信じて…キューキューキューと鳴く虫と過ごすことにした。

 

ここ数日、若葉との活動で多くの動物達と接することが増えた。

その後の活動は、いずれブログに綴っていこうと思います。

 

1か月10㎏痩せる心理的なダメージは怖い

衰える身体の回復をさせないと、危険になってきた。

更年期脂肪によって、ちょっと太ったあと、正常の体重になっていたころだったのですが、今回の出来事で、もうすぐ10㎏痩せたことになる。

不健康に痩せていため、筋肉まで落ちてしまった。

人間って1か月に10㎏も痩せるもんなんですね…

自分で体験してビックリしています。

そこそこ食べているのですが、心痛なのでしょうか。

数日前、どうしても仕事でヒールを履くことになったのですが、足まで痩せてしまったので、靴がブカブカ…サンダル状態に…。

ヒールが脱げないように足の指に力を入れてしまう上、膝に負担がかかり、腰まで痛くなって、仕事の翌日、体のあちこちがシップだらけになってしまった。

筋肉がなくなってしまったのでしょうね。

あまりにも回りの方が心配するので、恐縮してしまうほどです。

そろそろ筋肉を回復させる方法を考えないと、動けなくなりそうです。

フライなどの油モノを食べると、胃がびっくりしてしまうのか、腹痛と胃痛…

食事は薬膳で頑張っていきます!

洋服サイズで言うと2サイズダウン。

モノを整理するとき、痩せていたころの洋服を持っていても、きっと着ることがない…というアドバイスがあり、全部売ってしまった。

また太るかな…スーツ…買わなきゃなぁ…

若葉と歩む道「寄り添う」

私は大丈夫!

若葉と歩む道を決めたのだから…

若葉が導いてくれたと感じることが、今の私の楽しみ。

若葉は、私にどんなことを教えてくれるのでしょう。

若葉が残してくれたこと…若葉が旅立って感じた想い。

ひとつも残さず、すべて受け入れたい…

若葉とずっと…ずっと一緒なのだから…

私が若葉のサインを見逃すはずがない…と、若葉を求める気持ちは大きくなっていきます。

私は若葉と虹の橋であった時、どれほどの喜びの涙を流すのでしょう。

ママちゃん!って若葉に怒られないように…まだまだ淋しくて泣いてしまうけれど、逢えるその日のためにも、微笑むように心がけて、明日のためにがんばります。

若葉が私達家族にずっとしてくれたこと

…寄り添う心…

これから、私はずっと…若葉に寄り添っていきたい。