保護犬とは…里親募集で我家の子になったPon

動物との出会いは、街を歩いていて道沿いのペットショップを覗いてみたら、かわいい子に出逢った。

そんな、出会いもあるでしょう。

しかし、世の中には、その後育てることが困難になって、捨ててしまったり保健所に連れていくという、犬にとって悲劇的なことも起こっています。

保護犬とは、飼い主に捨てられたり、逃げてしまい迷子になってしまったり、飼い主が居ない状態である、飼育状態がひどいために救出されたり、ブリーダーさんから売ることができない状態の子や、繁殖後お役目が終わった子などの子が、様々な理由で保健所などに持ち込まれる犬のことです。

今は動物愛護センターや動物愛護団体などの施設に一時的に保護されている犬の事も「保護犬」と言い、殺処分ゼロを目指して様々な試みがあります。

近年では、インターネット上の里親募集サイトや、譲渡会などが行われて、悲劇的な動物達がすぐに殺処分にならないように経由できる場所が増えてきました。

特に、大きな団体や行政が行っている譲渡会などは、様々な犬と触れ合え、相性のいい犬と出会える可能性が高いため、保護犬を育てるのに少しでも不安を感じる方は、参加してみるのもいいと思います。

愛犬若葉が旅立ってしまい、私の心の持っていく場がない状態だった中、父方のお里が動物病院・保護活動・犬の訓練所をしていたこともあり、様々な環境で育てられている動物達を考えるようになりました。

ネットで動物を育てている方達とお付き合いをしていると、幸せな子が多く、キラキラ輝いている目で生きているのがわかります。

そんな幸せな世界で生きている動物もいれば、虐待を受けたり悲惨な環境で過ごしていたり、明日には殺処分されてしまう命が多くあるのです。

人間社会でも人生の格差はありますが、動物の命を粗末にする行為に対しては「殺人罪」ではなく、“モノ”として扱われるのが現実です。

動物の命を粗末に考える傾向は、法律から立て直さなければどうにもなりません。

いじめる心なども、子供の頃からの「命」の教育を徹底し、人としての愛情を一心に受け、思いやりの心を育てなければ、なくならない問題です。

でも…ひとりひとりのすこしの意識で、モノゴトは動きます。

私が生きている間に劇的に状況が変わることはないかもしれませんが、私の人生の残りは、人間、動物「命と環境」について尽力していきたいと思うのです。

 

里親募集の悲劇的な事件

 

里親募集のサイトを読んでいると、ブリーダーさんでの繁殖引退犬や、繁殖業者からのレスキュー犬が多いことが目につきます。

若葉が我家に来てくれて、こんなに幸せな時間をくれたことを思うと、そのような犬の両親犬が、不幸せな犬生を歩まなければならないのは、本当に心が痛みます。

犬ではないのですが、私がうさぎが多数になった理由のひとつに、縁あった子の親うさぎが引退して、売場の隅で小さなケージの中に放置されていたことから、すぐに連れて帰ってきた…そんな理由もあります。

目の前の愛しくて仕方がない子の親も、幸せになってほしい…。

保護団体が殺処分前の迷子犬や、飼い主が保健所に放置していった子もいますが、引退犬の行方も里親募集される保護犬になる場合もあるのです。

そのほかに、飼い主が他界した・飼い主が病気になった・経済的理由など、里親募集に至る経緯は様々です。

私はその里親募集に応募したことがあるのですが、引き渡す地域が遠いということで断られています。

私はいっしょに過ごしたいと思った子は、虹の橋の若葉が連れてきた子と思っていたからです。

断られて同様しましたが、その地域である大阪での活動から、大阪に引き付けられご縁があって、後々「紅葉」と出会うことになるんです。

今は、導かれたと思っています。

はじめのお断りは正直ガッカリしましたが、お断りの返事がとても丁寧で、応募した私が犬とのお別れをしたということで、犬を愛する団体らしい優しいメッセージをいただきました。

それにしても、なぜ地域が近隣でないと断るのか?

そんなことを深く考えることも、断られたことで「保護犬」について学ぶことができ、私の必要な道だったのでしょう。

それは、里親募集をしてその里親さんの先で、必ずしも犬が幸せになるとは限らないからです。

例えば、里子に出した途端里親と連絡が取れなくなったり、里子に出した子が、里親とうまくいかず保健所に連れていかれていたとか、仔犬の場合は転売目的、里親として引き取ったあと、別のサイトで里親を探して飼育費やワクチン代などを請求する…

そして悪質ないたずら目的として、最終的には里親自らの手で殺処分をする目的があるなど、「里親詐欺」があるからです。

幸せになってもらうため…命を守るために活動している保護団体には、耐えられない出来事になります。

里親の自宅を確認して、幸せの道を開拓していくことが、保護団体の責任とし、活動されているのがわかりました。

お断りされた理由が理解できたので、保護活動を続けている最中に、大阪の方々と親しくなり、大阪にご縁ができたのです。

私は中部地方に住み、私の父の里は中国地方、そして今回の里親募集がきっかけで近畿地方の方々とも親しくなって、地続きなので活動しやすいと思っています。

 

里親のきっかけになった募集サイト

里親募集サイトはいくつかあります。

検索した中で、ジモティーがありました。

家庭用品をあげます~それもタダで!…みたいなCMを観ていたので、すごく軽い気持ちのサイトだと思っていましたし、サイトを見たことがなかったので、動物のコーナーがあったことにビックリしました。

でも、里子に出す理由を読んでみると、個人で身近な悲痛の声が多く、購入したばかりなのに自分の子供が犬アレルギーだった…海外に転勤…ご主人の会社が倒産して動物を可愛がってあげる経済的余裕がなくなった…仕事が忙しくなった上に出張も増えて犬がかわいそうだから…など、中には動物不可のマンションでトラブルになったなど、突っ込まれそうな理由もありましたが、どうにか良い里親がいないかと探しています。

私も捨て犬や迷子の犬と、出会った子達の中で里親を探したことがあるので、なかなか見つからない苦労もわかります。

育てられない理由から、捨ててしまったり保健所に連れていく前の、救済の場でもあると感じました。



里親募集で「Ponちゃん」が我家の子になってくれた!その経緯とご縁

ジモティーで出会ったのが「Ponちゃん」です。

飼い主のご主人が犬アレルギーになってしまい、入院するほど重症になり、医者から犬とお別れをするようにと指導されたのだそうです。

同じ市内だったこともありますし、白くてつぶらな瞳のPonに魅せられたのです。

早速、メールで連絡…すぐにお返事をいただけて、お会いすることに。

自宅確認をするために、Ponを連れてきて下さった時、ご縁を感じる出来事が…

お互いの家は車で30分は離れている場所なのですが、孫の幼稚園が同じでお嫁さんはPonの飼い主さんと顔見知りだったんです。

そして、Ponの飼い主さんのご兄弟と我家の地域が同じなので、同じ地域や子供関連の役員で親しかった…。

我家の孫たちと同じように、姉と弟がいる家庭でPonちゃんは育てられていました。

孫たちは犬との生活に慣れていますが、Ponも子供に慣れているので、抵抗もなくお互いが受け入れられる環境だったので、何も問題が起きません。

Ponはすぐに孫たちと遊んでました。

きっと里親募集では、もっと苦労をすると想像しますし、犬が人間をどう思っているのか?…そのことが大きく関わっていくと思うのです。

前の飼い主さんのお話では、Ponは捨てられていた子で、保護センター登録で引き取った子なんです。

私は3人目の飼い主となります。

どうしようもない事情があっても、Ponにはどうして別れたのがかわからいと思うので、安心して暮らせるように、家族みんなPonと遊んで、散歩して…と時間をいっしょに過ごすようにしています。

 

保護犬は躾が大変?心構え

 

良い思い出が多い先住犬がいると、その子と同じことを求めて比較してしまうことがあるようですが、人間に「個」があるように、動物にも「個」があります。

人間だって他人と自分が比べられたら嫌ですよね。

その子にはその子の良さがあります。

心して接しなければならないのは、他の子と比べないで、その子にあった方法でゆっくりと…そして、大らかに接していくことが一番大切だと思うのです。

保護犬は成犬が多く、仔犬に比べてしつけなどを覚えにくいと言われますが、成犬には成犬の特徴があり、引き取るまでそばにいた方から様子を聞くことで躾がしやすい場合もあります。

まして、環境が変わり犬自身も必死に慣れよう…生きていこうとしているのですから、その気持ちはくみ取ってあげるように接してあげたいと思うのです。

Ponは部屋で生活をしていたとき、オムツをしていました。

排尿回数が多いのか?何かきっかけがあるのか?…と、いろいろ探っています。

メリハリをつけるたけに、3回(朝昼晩)のお散歩をしているのですが、Ponは臭い付けをするための排尿回数が多い方です。

部屋中にペットシーツを張り付けて、徐々にトイレに近づける方法もあるのですが、まずはどのタイミングで排尿・排便をするのか確認し、生活の中に排尿リズムを意識して1週間…天気が悪い時にどうするか…。

サークル内のトイレでチッチをしてくれました。

トイレシーツには、ちょっとだけPon自身のおしっこの臭いをつけておきました。

そこでしないとどうしようもなかったのかもしれませんが、まずは成功!

でも、まだ完全にリズムができているわけではないので、天気によって外に出られない場合のために、オムツをつけている日もありますが、そのオムツが汚れる回数が劇的に減りました。

ご近所の環境衛生的にもできるだけ自宅でトイレをすますことが良いとされています。

台風など天候によっては散歩に行かれない日もありますし、外でしかトレイができないと我慢をしてしまって、腎盂炎などの病気にもつながるので、自宅トイレで自由に排尿・排便ができるように気長に躾ていく必要があります。

Pon…頑張ってくれています。

 

保護犬の不安な気持ち…必死に好かれようと健気なPonの生活

 

私は迷い犬を、次の飼い主さんに引き渡した後、辛い思いをしました。

その話は別記事で綴っています。

その経験もあり、前の飼い主さんとは、しっかりとお別れをしないといけないと思っていました。

車から抱っこされてきたPonを、私が抱き上げて玄関でサヨナラしたのですが、Pon…すごく泣いたんです。

もう…辛くて私も泣いてしまいました。

その後、Ponは私や家族にキスの嵐!

顔中を舐めまわします。

置いておかれたPonにとって、この家に慣れるのが必死なんです…

好かれるために、必死にしっぽを振ります。

引き渡された当日の散歩で外に出ると、道に車のタイヤの臭いがあるのか、必死に臭いを嗅いで鼻で泣いていました。

息子も見ているのが耐えられないよ…と、Ponを抱き上げ…キスの嵐を受けていました。

健康な状態を診ていただくために、動物病院に行った時、獣医さんが言われていたように、保護犬は生きるために必死なのでしょう。

初日は、夜にクンクン泣いていたので、私はサークルの横で寝ましたが、Ponはその後慣れてくれて、今ではゆったりする時間もあります。

基本的に甘えん坊なのか…まだ不安なのかなぁ?

いつも誰かにくっついています。

Ponちゃん、ちょっと涙やけと口臭が気になります。

白内障がはじまっているとのことで、食べ物にも気をつけることにしました。

お散歩が大好きで弾んで歩いています。

6歳だけど、私にとっては赤ちゃんのような、かわいい娘…

若葉の妹です。

前の飼い主さんに可愛がってもらっていたから、淋しさも大きいと思うけれど、その辛さを飛ばせるくらい、いっぱいいっぱい甘えて、幸せになってほしい。

虹の橋・若葉といっしょに育児、頑張ります!

 




*関連記事*愛犬と寄り添う暮らし