紅葉がいよいよお散歩デビュー!

虹の橋若葉が大好きだった大きな公園。

若葉と共に四季を感じてきた思い出の公園は、思い出に留まらず私の心を動かしていく。

紅葉が楽しんでくれた。

Ponも楽しんでくれた。

若葉が大好きな公園で、Ponと紅葉…若葉と楽しい時間を過ごせてよかった。

チワワ紅葉の散歩デビュー!練習効果と嬉しくて走る姿に安堵


紅葉紅葉

ぼく、遊びたくて泣いたんだ!泣いても泣いても地面におろしてもらえなかったんだよ!

紅葉5カ月で散歩デビューです。

紅葉は健康診断でちょっとだけ「コクシジウム」が見つかり、症状はなかったのですが抗コクシジウム剤を3週間ほど投与しました。

完治後、最後のワクチンの注射をして2週間以上の間をあけたので、公園デビューが約1か月遅くなってしまいました。

散歩大好きになることが、健康の秘訣でもあると思っているので、「お散歩デビュー」…この日を待っていました。

散歩の重要性-コミュニケーション


紅葉紅葉

ぼくもいっぱい走りたい!Ponねーちゃんいいなぁ…

犬との生活を検討したときに、散歩は必要だろうなぁ…と、考えると思います。

紅葉のようにチワワで小さい子は、「運動量」という視点で考えると家の中だけでも十分なのかもしれません。

でも、食事と運動は健康に生きていくために必要なこと。

ストレスをためないように生活をしていくには、ストレス発散のためにも散歩が必要です。

そして、脳を活性させるためにも、外界を感じることも大切。

犬は散歩中、クンクンと匂いを嗅ぐ場所があります。

それは、そこに残ったにおいを嗅ぐことで、外界とコミュニケーションをとっています。

そして、いっしょに散歩をしてくれている飼い主と、群れを成すための“縄張り”を確認することに満足します。

散歩が大好きなのは、飼い主を信頼し、楽しい時間を共有している幸福感があるからです。

その大切なコミュニケーションのためにも、散歩や公園が大好きな子になってもらいたいと、家の中で練習をしてきました。

基本的に犬は散歩が好きだと思いますが、知らない世界に急に出してしまうと恐怖心だけが残ってしまうので練習が必要です。

お散歩デビューの練習-リードと首輪に慣らす


紅葉紅葉

ぼく毎日練習したよ!抱っこはあったかいけど走れないんだ!いろいろな音がしたけど、ぼく平気だよ

犬は生後3~12週に社会化期を迎え、この時期にさまざまなこと経験します。

この時期は「犬の一生が決まる」と言ってもいいほど重要な時期です。

紅葉は、ブリーダーさんのところで、親や兄弟と楽しく過ごしているので、全く心配していません。

次は外の世界での社会を知ることです。

寒い冬に我家にお迎えしているので、外に出る回数は少なかったのですが、抱っこして外の空気に触れたのは紅葉が3カ月の時です。

その時の様子の記事です。
チワワパピー犬とMIX犬の公園デビュー:虹の橋「若葉」といっしょ

ワクチン接種が終わっていないので、抱っこやキャリーを使って外の世界を教えてあげるといいと思います。

 

散歩デビュー前の便利なもの

私は若葉が小さい時に使用していたもので、抱っこ紐みたいなもので連れ出しています。

以前うさぎもいたので、抱っこ紐を2枚持っています。

Ponと紅葉に使うことにしました。

人が多い場所では抱っこをしますが、一瞬両手を離しても安全が保たれるのでとても便利です。

家の中では首輪をつけると何かよいことがあると、いっしょに楽しく遊んだり、リードをつけた時はいっしょに歩くという練習をしてきました。

はじめて首輪を装着した時は、紅葉は何が首についたのか理解ができず、サークルに逃げ込みましたが、大好きなチーズで気分がよくなったみたいで、その後は自然に装着できるようになりました。

はじめてのリードは、紐が目の前にあるとイヤみたいで、焦ってしまいテーブルの足に巻き付いてしまいました。

恐がってしまったので、何もない廊下で装着して、数往復して終わらせ、リードで歩く練習をしていました。

そのことから、はじめてのお散歩デビューは、まわりに何もない場所にしようと思い、広場があり人が少ない場所を選んでいます。

紅葉のお散歩デビューで注意したこと

待ちに待った「お散歩デビュー」

どうなることか…と、ドキドキ。

孫たちもいっしょに遊びに行きました。

もし紅葉が硬直して動かなかったら…と、大好きなチーズとドッグフード・水を持参していきました。

紅葉は走るのが速そうだったのでロングリードを用意しました。

ロングリードは、コツが必要なので、飼い主も練習したほうがいいと思います。

孫達は若葉の散歩で慣れているので、はじめからロングリードでOKです。

広場で犬を遊ばせるときや、急に動き出した時の安全・呼び戻しの訓練をするときなどに便利な「ロングリード」にして、紅葉の場合はよかったです。

足の長さや、普段の様子から、走るのが速いんだろうとは思っていましたが、想像を超えていました。

これは、いっしょに歩けるような訓練が必要です。

その後、家の前の道を往復するなど、近所に慣れるように朝晩の練習をしています。

すっかり近所の人気者になって、喜んで道を歩いています。

お散歩デビューは、どうにか成功したので、お花見にも行かれそうです。

多くの人が集まる場所では、犬嫌いの人もいます。

人間社会で生きている動物達が、嫌われないように、公共の場ではマナーを守り、犬にもマナーを教えることが大切です。

社会性が生まれ、外に出られるようになったら、朝晩の安心できる場所での散歩の他に、はじめていく場所の開拓も、お散歩には必要です。

人が通りすがる時、かわいい~と言ってもらえるように、人間と生活をするマナーをこれから教えてあげたいと思います。



お散歩デビューの当日-練習効果があり嬉しくて走る姿に安堵

この公園は、紅葉が抱っこされていた散歩道で、地面に降りたくて「ワォーン~」と文句を言っていた場所です。

はじめは尻尾をまるめて、へっぴり腰に。

家の中では我が物顔でいたづらをしている紅葉なのに、ちょっとビビり…可愛かったです。

私が歩き始めたら紅葉もいっしょに歩いてくれました。

そして…

ちょっと離れたPonのいる場所に、全速力で走る!走る!走る!

私、足がもつれそうになりました。

やっぱり紅葉…走るのが速い。

練習効果なのか、その後は問題なく楽しんでくれました。

 

そんな紅葉の行動に注意したかったことと、Ponも一緒だったので、その時の写真が撮れませんでした。

でも、しっかり不安げな紅葉の顔は焼き付いています。笑

そして、走るのが楽しくてしかたがない紅葉の顔も!

紅葉とPonは、走るタイミングが違うので、慣れるまでは距離をおいて歩くようにしました。

紅葉紅葉

ぼく、Ponねーちゃんといっしょにお散歩できるよ!

ponpon

もっとこっちに来てよ!

紅葉紅葉

だって、Ponねーちゃん怒るもん!

若葉若葉

ふたりとも、仲良くしましょうね。じゃぁ、みんなでいっしょに走りましょう♪

ふたりの歩くリズムが違うので、Ponがちょっと不愉快な顔をします。

でも、この距離だと、Ponが紅葉のことが気になってしかたがない様子で、近寄ろうとします。

じゃ…どうしたらいいの?笑

そんなふたりの微妙な関係も、すごく面白かったです。

そして、かわいい。

私がふたりのリードを持って、同時に歩けるようになるまで、時間がかかりそうです。

気をつけているのは、保護犬のPonが焼きもちをやかないようにることなんです。

Ponを不安にさせてはかわいそうなので、家族でふたりの散歩をすることにしています。

紅葉紅葉

若葉おねえちゃん~!おねえちゃんが大好きな公園、すごく楽しかったよ

若葉若葉

そうでしょ~とてもいいところなの。今日は行かなかったけれど、池の奥には大きな森があるのよ。そこでママとよく遊んだわぁ。紅葉ももうちょっと上手に遊べるようになったら行きましょうね。

紅葉紅葉

ボク、もう大丈夫!早く行きたいよ~

ponpon

そんな場所があるの?探検みたいで面白そうだわぁ

若葉若葉

Ponも紅葉のこと、よろしくね。まだ小さいから、何でも食べようとするの。ちゃんと見ていてね。
これから暖かくなってくるから、いっぱい遊びに連れて行ってもらえるわよ。
そこには私もみんなといっしょ。お弁当も作ってくれるから、ゆっくりあそびましょうね。

そんな会話をしてくれている…と思った日でした。

 

虹の橋若葉へ…いっしょに楽しんだ日

若葉…

若葉の大好きな公園に行ったよ。

またいっしょにいっぱいお話ができるね。

きれいな森や池の四季の彩り

鳥の声…

子供達の姿…

お散歩を楽しんでいる犬のお友達…

いっぱい…いっぱい若葉と楽しんできた公園だもの

あなたもいっしょに遊んでいるのよね。

Ponと紅葉を見守ってくれているのよね。

 

若葉…

紅葉の公園デビューを楽しい時間にしてくれて、ありがとう。

またいっしょに遊びに来ようね。

若葉…

愛してる

ずっと…ずっといっしょ




*関連記事*愛犬と寄り添う暮らし