愛犬“若葉”の初盆に想う

若葉が旅立って10か月。

涙って枯れることがないんですね。

涙ってニオイがあるのでしょうか…

溢れる涙を、Ponや紅葉が大騒ぎして舐めてくれます。

Ponと紅葉が愛しい。

そんな気持ちになったとき、若葉を想う気持ちがまた溢れてくるんです。

この子達に出逢った私は、本当に幸せですね。


若葉への想いは途切れることなく、綴ることができます。

その想いは…

ありがとうの感謝の気持ちと、若葉に出逢えて幸せだったこと。

その時間は、かけがえのないものだったこと。

初盆で想う、若葉への想いを綴りました。

虹の橋…若葉へ

若葉

虹の橋から、今は私のもとに来てくれているのよね。

いいえ…きっといつもいっしょにいてくれている。

姿が見えなくても、心の中の若葉はいつも私をあたためてくれている。

あなたが旅立って、10か月。

旅立ったあの日…

あなたに何が起こったの?

持病が急変したの?

きっと若葉は、ずっと頑張ってくれていたのよね。

会いたい。

若葉に会いたい。

抱きしめたい。

苦しく泣き叫びたい気持ちは、あなたが連れてきてくれたPonと紅葉が癒してくれるけれど、切ない寂しい気持ちは変わらない。

こんなにも私はあなたに依存をしていたのかと思うほど、あなたがいない時間が受け入れられず、寂しい。

でもね…日々過ごしていくと、Ponがあなたの大好きな私の足元の定着位置でスヤスヤ寝ていたり、紅葉があなたの大好きなイチゴのおもちゃを持ってきて同じように遊ぶ。

あなたが教えているのかも…なんて…日々あなたがいない日はないと感じられる。

一人っ子で育ったPonだけど、若葉というお姉ちゃんと、紅葉という弟ができて、日々楽しそうに過ごしている。

小さなパピーの時に我家に来た紅葉も、スクスク大きくなってやんちゃ!

Ponお姉ちゃんをからかったりするから、よく怒られてるの。

いっしょにお散歩して仲良くなって、二人とも家族に大切に…大切に…そして、愛されているよ。

 

若葉…

ありがとう。

かわいい子供たちを連れてきてくれて。

 

若葉…

ありがとう。

私の娘になってくれて。

抱きしめたい…

あたたかいぬくもりを感じた時、

若葉は私の腕の中にいるのよね。

 

 

あなたは私の大切な…大切な娘

あなたに出逢えたこと

あなたを育てさせてもらって

私は幸せです。

 

 

虹の橋で待っていてね。

若葉

愛している。

ずっと…ずっと…いっしょ。

 

 

若葉~

抱っこおいで~

 




 

*関連記事*愛犬と寄り添う暮らし