仔犬の紅葉と保護犬Ponとの関係

チワワの赤ちゃん「紅葉」と、保護犬「Pon」が我家の子になってくれて一カ月半近くになっています。

ふたりの関係は、必ず仲良しになってもらいたい…という願いだけ。

まだふたりを同時に部屋に自由にしていません。

ワクチンの関係で遅れているのですが、紅葉が地面を歩けるお散歩でいっしょに楽しい時間を過ごそうと決めています。

部屋の中でも争う感じもなく、仲良くできそう♪

でもね、赤ちゃんの紅葉と、成犬になって母性を持っているPonとでは、気になるポイントが違います。

サークルに入っている時と、お部屋で自由に動いている時の様子です。

 

もぐって寝ている紅葉を心配する「Pon」

紅葉は我家に来るときにブリーダーさんからもらった温かい毛布が大好きです。

赤ちゃんだからなのか、その毛布に自分で潜り込んでねています。

Ponがサークル内に紅葉がいないと思って、クーンクーンと覗き込んで泣くんです。

母性なのかしら?

紅葉のことをすごく心配してくれます。


ponpon

クゥ~ン…紅葉はどこに行っちゃったのかしら…

若葉若葉

大丈夫よ~寝ているのよ


紅葉紅葉

えぇぇぇ…もう起きる時間なの?

ponpon

心配しちゃったわぁ…よかった♪


ponpon

まだ眠いよ~

若葉若葉

まだ寝てていいわよ…おやすみ。

 

寝ているPonをからかう「紅葉」

紅葉は寝ているPonを起こすかのように、からかいます。

サークルの外から手を入れたり、サークルの外回りを掛けっこしたり…

子供だからしょうがないけれど、からかわれているPonが気の毒です。

それでも、Ponは紅葉を怒りながらも、紅葉がいないとクーンクーン…って、心配する…Ponはそんなやさしい子です。

紅葉はPonの反応が面白いのでしょうね…

一体何を話しているのかしら。

 

ひとりっ子だった虹の橋「若葉」

 

若葉は我家に来た時は、体力がない虚弱体質だったので、静かに過ごしていました。

でも、孫が生まれたことで、孫のお世話をかいがいしくして、若葉もPon同様母性があったのでしょうね。

寝ている孫を触ろうとすると、ジーっと監視されているような…。

犬がいる生活で赤ちゃんが生まれると、犬が焼きもちを焼くのでは?と心配もあると思います。

でも、若葉は孫が大好きで守っているように見えました。

いっしょに育った犬と孫…

今ではその孫が、Ponと紅葉の育児をいっしょにしてくれています。

大切で大事に…大事にお姫様のように育てたひとりっ子の若葉ですが、実は若葉にとって孫たちは、兄弟や子供のように感じて守ってくれていたのでしょうね…。

かわいい子です。

SPONSORED LINK






*関連記事*愛犬と寄り添う暮らし